さんかく同盟blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 小麦ビール飲み記録:2007年9月上

<<   作成日時 : 2007/09/14 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

9月に入っていろいろと飲んだので忘れないうちに記録します。
画像

●みなとみらい ワールドポーターズ
輸入品ビールや神奈川県の地ビールを多く扱っている店が1階にあります。9/9のWHF横浜の帰りに寄って2本を買ってきました。
・エルディンガ― ピカントゥス ドゥンケラーヴァイツェンボック
エルディンガ―のボックビールとしては有名。香りはまあまあ、ドゥンケルらしく甘味が強く、後を引く味。つまみなしで飲んだので最後のほうはちょっとしつこかったかな。

・シェッファーフォッファー ヘーフェヴァイツェン
あまり店で目にしない銘柄だったので試して見ました。うーんでも個性に乏しいかなあ。
たしかにヴァイスの特徴を備えてはいるんですが。まあデパート等で買う瓶ビールは
保存とかアレだとすぐダメになってしまうので一概には言えませんが。とゆうことで評価は保留

●地ビール厨房COPA
・エーデルヴァイス生
名前から連想したわけではないのだろうけど、花っぽい香りがしました。普通のバナナ香やクローブ香とは印象が違いますが、麦芽の甘味はしっかり感じられて、でも後味はキレがよくすっきり。

画像

・ブロンシュ・ド・ゾネル(Blanche des Honnelles)
ベルギー製で調べてみると3種のモルトを調合したホワイトビールだそうです。ベルギーの白ビールはコリアンダーやピールなどのスパイスを入れるものが多いのですが、これは麦芽のみっぽいです。
とにかく初めて見る銘柄なので試してみましたが、甘さを連想させるカラメル香と、麦味のコクが印象的でした。度数もそこそこで味も濃いので食中酒に合いそうです。あと驚いたのがオリの多さ。
こんなに固体が喉に触るビールは初めて飲みました。光にすかすとダークブラウンなにごりの中に、大量の細かい削り節みたいなのが浮いていました。

●バーデンバーデン
・ホフブロイ樽生黒
バーデンバーデンは ホフブロイの黒白とH&H、下記のベルリナー生を常備している嬉しいお店。黒はホップのさわやかさは残しつつ苦味は控えめで飲みやすかったです。

画像

・ベルリナーキンドルヴァイセ生
普通のヴァイスは飲み終わった後でレモンににた酸味が後味に来ることがおおいのですが、ベルリナーはヨーグルトに似た酸味が口に含んだ段階で広がるように感じます。あわ立ちも細かく、酸味のおかげでスルスル飲めてしまうのは生の醍醐味ですね。

画像

・ホフブロイ シュバルツ ヴァイセ
そろそろ語彙が尽きてきた(w
香りは控えめながら黒らしくコクと甘味があり、苦味は一切なし。一緒に頼んだベーコンとの相性もバッチリでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小麦ビール飲み記録:2007年9月上 さんかく同盟blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる